無料ホームページ制作サービスを使って、ご自分でホームページを開設、運用をご検討の方や

 

ホームページで集客をご検討の方へ

 

今回は、無料ホームページ制作サービスを利用する上で確認しておきたいメリット、デメリットをご紹介します!

 

 

無料ホームページとは

 

無料ホームページとは、ホームページを設置する場所を無料で提供するサービスです。

ホームページを開設するためにはサーバーが必要になります。

サービスを提供する事業者は自分たちのサーバーにホームページを置かせてくれます。

近年では、テンプレートなどが豊富でHTMLやCSS言語等の知識がなくとも簡単に制作、更新ができるようになって
きました。

個人で利用する場合、サークルのホームページやアフィリエイト、ドロップシッピングなどの商用利用にとても便利な
サービスです。

 

無料の条件

無料でホームページを作るには様々な条件が付いてきます。
サービスを提供する事業者にもよりますが、ほとんどに共通している条件を2つご紹介します。

 

サブドメイン

一つ目がドメインです。

ドメインとはホームページの住所のことです。

例えば当サイトのURL:http://comtive.ds-diant.com
青い部分がドメインになります。

ドメインには独自ドメインとサブドメインの2種類があります。
多くの場合、サブドメインを使用することが無料で利用する条件となります。

 

広告

二つ目が広告です。

無料ホームページ制作サービスは広告費で成り立っています。
無料サービスで作ったホームページの多くには、サービスを提供する事業者が設定した広告が表示されます。
作ったホームページの内容に関連はなく、ランダムで表示されることがほとんどです。

 

無料の条件まとめ

  • サブドメインでホームページを作る必要がる。
  • 作ったホームページ内に意図しない広告が表示される。

 

 

独自ドメインとサブドメインの違い

無料でサービスを利用するにはサブドメインである必要があります。

独人ドメインでもサブドメインでも作ったホームページの見え方は変わりません。

では何が違うのか?簡単にご紹介します。

 

URL

オリジナルドメインとサブドメインの違いとしてURLがあります。

独自ドメインの場合
http://sample.com

となり、青い部分を自由に設定することができます。

サブドメインの場合
http://sample.comtive.com

となり、黄色い部分を自由に設定することができます。
赤い部分が大元のドメインとなります。

なお、末尾は.comだけでなく、.netや.jpなど数種類があり独自ドメインの場合は自由に選択することができます。

構造

160924-2

上記の図のようにサブドメインの場合大元のドメイン内にサブドメインが存在しているような構造になります。
一方独自ドメインは、サブドメインの大元にあたるドメインと同じ位置づけとなり完全にオリジナルなドメインとなります。

 

構造上の影響

 

160924-5

ドメインの違いを例えるならば、マンションと持ち家のようなイメージとなります。

サブドメインがマンションで持ち家が独自ドメインのイメージです。

構造上の影響としてSEOに関連していきます。
検索順位を決めるクローラーはサブドメインがいくつあったとしても大元のドメインの中のサブドメインとしてみますので、ひとつの括りとしてみます。
なのでサブドメインでホームページを所有している一つのユーザーがペナルティを犯した場合他のサブドメインに影響が出る場合があります。

一方独自ドメインはドメイン内に他社のドメインが含まれないので影響が及ぶことはありません。

 

費用

独自ドメインは取得費用、更新費用が掛かります。
サブドメインには費用は掛かりません。

サブドメインのリスク

費用の掛からないサブドメインですが、下記のリスクがあります。

  • サブドメイン内で作ったコンテンツは自分の資産にはならない。
  • 大元のドメインが停止、削除された場合、サブドメインも同様に停止、削除となる。
  • 自分以外のサブドメイン利用者がペナルティとなった場合、自分のホームページにも影響する。(検索順位が下がる等)
  • サブドメイン利用者で同業種の場合、キーワードが重複したコンテンツは上位表示されない場合がある。

等が挙げられます。

独自ドメインには上記のリスクがありません。

 

 

無料ホームページのメリット&デメリット

それでは、無料でホームページ制作した場合のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

  • 簡単な手続きですぐに始めることができる。
  • 広告削除や独自ドメインの利用をしない限り完全無料で作れる
  • (最近では)テンプレートなどが豊富で、専門知識が無くても簡単に更新ができる

 

デメリット

  • 意図しない広告が表示される
  • デザイン、レイアウトに制限がある
  • 自分で作らなければならない
  • 制作に関して、サポートがない
  • URLを自由にできない(サブドメイン)
  • 取り扱う商材によっては規制がある

 

ホームページで集客をご検討の方へ

 

ここまで、無料ホームページについてご紹介しましたが、

ホームページで集客をご検討の方へは無料ホームページはオススメできません。

オススメできない、大きな理由は4つ

  • 自分で作らなければならない
  • サポートがない
  • サブドメインは集客に向いていない
  • 信用性

です。

無料ホームページで作った場合、レイアウトがズレていたり、作り込みがイマイチであったり、
無駄な広告が表示されたりするだけで見た人に対して不信感を抱かせる可能性があります。

 

ホームページを持っているだけではいいモノではない

インターネットが普及した今、ホームページを持つことは当たり前になりつつあります。

2000年代になり企業のインターネット利用率は97.6%、ホームページの開設率は85.6%となっています。
総務省HP、平成27年度版情報通信白書より)

たくさんの企業がホームぺージを持つ中、ホームページで集客をするためには競合他社よりもアクセスを集めなければなりません。

 

そこで重要となるのがホームページの作り込みとコンテンツです。

サービス内容に圧倒的な差があったとしてもホームページの作り込みがイマイチだった場合、問い合わせに至らない場合もあります。
また、より多くのアクセスを集めるためにはホームページ内にコンテンツを作る必要があります。
無料ホームページ制作はサブドメインです。サブドメインでコンテンツを制作するには上記で挙げたリスクがあります。

ホームページで集客をお考えの場合、独自ドメインでの制作をオススメします。

こちらのページでは、ホームページで集客をお考えの方へ知っていただきたい新しいホームページ制作についてご紹介しています。

 

新感覚!見積もり不要な通販型ホームページ制作

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です