Comtive-コムティブのサービス内容にもあるサブドメインと独自ドメイン。
独自ドメインの方が有料となりますがこの二つの違いをご存知でしょうか。
サブドメインと独自ドメインの違いについて解説をしてまいります。

 

サイトの見え方は同じ

独自ドメインでもサブドメインでもサイト自体の見え方は同じです。
一般のユーザーから見ても見え方は同じです。さらに言えば検索順位に大きく関連してくるクローラーにも内部構造の見え方としてはサブドメインでも独自ドメインでも同じと言えます。

 

それじゃあ何が違うんだろう?

それでは独自ドメインとサブドメインは何が違うのでしょうか。
ドメイン自体の構造が異なります。

160924-2
上記の図のようにサブドメインの場合大元のドメイン内にサブドメインが存在しているような構造になります。
一方独自ドメインは、サブドメインの大元にあたるドメインと同じ位置づけとなり完全にオリジナルなドメインとなります。

 

構造の違いによる影響

サブドメインと独自ドメインの構造の違いと言う部分までは解説をいたしました。
それでは実際にどの様な影響があるのでしょうか。

160924-3
まず影響としてSEOに関連していきます。
検索順位を決めるクローラーはサブドメインがいくつあったとしても大元のドメインの中のサブドメインとしてみますので、ひとつの括りとしてみます。
なのでサブドメインでホームページを所有している一つのユーザーがペナルティを犯した場合他のサブドメインに影響が出る場合があります。

一方独自ドメインはドメイン内に他社のドメインが含まれないので影響が及ぶことはありません。

 

マンションと持ち家の様なイメージ

160924-5

これらを例えるならばマンションと持ち家の様なイメージです。
マンションの住人でごみも捨てず部屋は荒らし放題の部屋があれば、その影響は同じマンション内の人にも影響が及びます。
しかし独自ドメインの場合、良い意味でも悪い意味でも影響を受けません。
これらがサブドメインと独自ドメインの大きな違いと言えます。

 

WEB集客を考えるなら独自ドメインがおすすめ

ホームページを製作する意図としてはWeb集客や認知度を上げたいなどの狙いがあるかと思います。
その中でサブドメインで運用するよりも独自ドメインで運用をする方をおすすめします。

SEO対策などを時間とコストをかけてコツコツやっていても同じサブドメイン内の影響により順位が下がってしまう事もあります。
なのでそれらに影響しない独自ドメインをお勧めいたします。
Comtive-コムティブなら2年目以降は年間1820円ですのでひと月当たり152円と費用もそこまでかかりません。
将来的な運用を考えるのであれば是非独自ドメインでホームページを製作しましょう。

 

ご相談やご質問も受け付けております。

コムティブでは制作に関するご質問やお問い合わせ、デザインに関する事なども受け付けております。
お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちら

“サブドメインと独自ドメインの違いについて” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です